【美容】ホットヨガ歴5年の私が思うメリット・デメリット

 

おつる

こんにちは!おつるです🐦
今日は【ホットヨガ】について書いていきます!

 

実は、学生時代からホットヨガに通っておりまして

通算さると(入社と共に一時期止める)5年くらいはホットヨガを続けています。

 

これだけ続けていると、メリット・デメリットが見えてきます。

これから、ホットヨガを始めようかな~

と思ってるからの参考になれば幸いです☺

 

ホットヨガって?

そもそもホットヨガって普通のヨガと何が違うかと言いますと、

室温湿度が大きく異なります!

ホットヨガとは、室温を38~40℃、湿度を55~65%に調整した空間の中で行うヨガのことを言います。
室温と湿度を上げることで老廃物が排出されるため、ダイエットや美肌効果が期待できます。
筋繊維が柔らかく伸ばしやすくなるので、ヨガ中に筋肉を傷めにくくなる効果もあります。

引用元:カルド公式HP

ホットヨガスタジオによって、室温や湿度が若干異なるようです。

私は「カルド」と「美温」と二つのスタジオを経験したことがあります。

 

スタジオの体感は、全く異なるものでしたので、

入会を検討している場合は必ず体験することをお勧めします!!

 

ホットヨガは運動が得意とか、

若いからとかではなく、慣れがあると思います。

 

自分が苦しいと、思う環境で続けるのは辛いので

通い続けることができる環境かを見極めるのは大切です👩

 

ホットヨガのメリット

汗をかきやすくなる

夏場は問題ないのですが、寒くなるにつれて汗をかかなくなりませんか?

 

定期的に汗をかくことで、老廃物が流れてくれます。

適度に汗を出さないと、汗自体が臭くなるらしいですよ。(笑)

 

だから、たまにしか運動しない人の汗は臭いらしいです💦

 

肌がきれいになる

「大量の汗により老廃物の排出できるから」だと思います◎

 

レッスンが終わった後はすごく調子が良いですし、パックの浸透具合が違う🙌

インストラクターの肌がきれいすぎる!☺

 

骨盤調整

普段の生活では、取らないポーズを沢山とるので、姿勢、特に骨盤調整が出来ます。

 

普通のヨガだと、

身体が硬くてできないポーズもホットヨガだとポーズが取りやすいことがあります。

 

冷え性やむくみの改善

ホットヨガをすると血液や体液の流れが良くなるので、冷えやむくみを解消することができます。

 

ホットヨガを続けることで、代謝が上がり太りにくく、風邪をひきにくい体になれます!!

冬は太りやすい傾向にあるのでもってこいです◎

 

ホットヨガのデメリット

熱疲労を起こすリスクがある

ホットヨガで一番苦しいのは、暑さに耐えられないこと。

私は今でも体調が悪い時は吐き気を催します。

 

気分が悪い場合は、すぐに退出するか休憩ポーズにすること。

 

あとは、インストラクターとの呼吸リズムの相性とかもありますから

体験は、普段通う時間に行って、インストラクターの先生も確認した方がいいと思います!

 

脱水症状を起こす

想像以上に汗をかきます。

レッスン中のみだけではなく、ヨガを始める前にしっかりと水分補給を行うことが大切。

水分補給を怠らなければ、最初にかいた体調不良は防げます!

 

直ぐに効果はでない

ホットヨガを続けていくことで、代謝があがり瘦せやすくなったり、柔軟性が向上します。

私は未だに身体は硬いですが、当初よりはましです!!

 

【すぐに結果に直結したい!】【時間がない!】

という方には不向きだと思います。

 

時間をかけて、良い方へ身体を整えていくイメージです。

 

おわりに

ホットヨガを始めて5年くらいと最初に書きました。

通い始めよりも、慣れてきて心地よく感じています。

 

今でも、強度が強いクラスは難しいですが

それでも良いストレス発散にはなっています。

 

ヨガウェアは体型が出るので、体重とは別の視点から観察できるいいきっかけにもなっています◎

興味がある方は、体験にいってみてください!

 

今は、スタジオがたくさんあるので

自分にあったスタジオがみつかるといいですね🙌👩

 

 

追記:
コメント機能追加しました!
メールアドレスの記入は必要ありません。
気になったことがあれば、コメント頂けると嬉しいです。☺♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US

おつる
つるおつるブログを無理をせずに楽しく続けていことがモットー★✿ つる夫と二人三脚でブログを運営してます! 好きな化粧品、美味しいご飯、お出掛けの話や気になっている商品のレビュー。好きなことを記事にしてます! よろしくお願いします◎